死装束と死化粧について

死装束と死化粧について

葬儀を行う場合には、数十万円単位の費用がかかります。その内訳としては、さまざまなものがあります。

心があたたまる葬式をしましょう葬儀社の選び方をお勧めします


まず、葬儀そのものにかかる費用です。この中には棺や祭壇、霊柩車をはじめ、テントや葬儀を知らせる看板、葬儀社のスタッフの人件費なども含まれます。

また、通夜や葬儀の参列者をもてなす時には、料理や酒類を準備する必要があります。この他にも、参列者への御礼としてお返しの品を渡します。これらは通夜や葬儀への参列者のおおまかな人数を割り出し、それなりの費用を見積もります。

さらに、葬儀会場や火葬場の使用料金もかかります。そして、葬儀を行う宗教家への御礼や交通費も必要経費の一つです。

このように、葬儀には多種多様な費用が必要となります。プランと費用を考え合わせ、予算内で収まるように調整したいものです。

 

葬儀の喪主になった際に苦労した話

葬儀で喪主になった知人の体験談です。

その知人は葬儀に関しては素人で、何の知識もなく喪主になりました。
家族や親戚、会社の同僚の方だけの小さい葬儀だったのですが、思いの他することが多かったようです。

まず連絡を家族や親戚、同僚の方にするのですが、さほど人数もいないにもかかわらず、連絡が取れない等の問題が度重なり苦労したようです。また、会社の方々には御香典を頂いたようなのですが、会社一同からという纏められた香典であったがために、のちのちの香典返しの際には一人一人に渡さなくてはならないため、一人一人の個人情報を調べるのに苦労したようです。

このように、葬儀の際にはあらかじめ葬儀の準備を確りとしていたとしても、予期せぬ問題は色々起こりえます。葬儀の喪主に成られる方は、あらかじめ覚悟を決めておいたほうがよろしいと思います。


葬式を行うにあたって、大きくて有名な会社だからと言って選ぶものではありません。 まず家族葬にしたいのか、大規模な葬儀にしたいのか、どのぐらいの価格で行うのかなど、どんな葬儀にしたいのかを考えることが必要になります。 それらを踏まえた葬儀社の選び方は、希望する提案を紹介してくれる、葬儀について分かりやすい説明、質問に対して丁寧な対応で接してくれるなど、担当者の人柄や対応の仕方を注視しましょう。 周りの評価も大事ですが自分でちゃんと調べて選ぶことをお勧めします。


 

Calendar