意外なほど掛かる葬儀費用

意外なほど掛かる葬儀費用

友人のお父さんが先日逝去されまして、葬儀が執り行われました。近所ということもあり、私も手伝いに積極的に参加しました。通夜から葬儀に至る一連の流れを見ていて、ふと思ったのが一体どれくらいの費用が掛かるのかという点です。

葬儀社の選び方はきちんとした対応の所をお勧めします。感謝を込めてお別れをしましょう


私は喪主の経験がありませんので、その辺りまでの想像が付きません。しかし、かなりの額が必要になるのではと思いました。それだけ多くの人が関わっていましたし、式場代やバス、そして食事などを考えると相当な額になるのは明白です。

葬儀が終わってしばらくして、その友人と飲みに出掛けました。自然に葬儀代についての話になりました。聞いてみて驚きました。その額200万円弱だったそうです。冠婚葬祭で一番お金が掛かるのは葬儀で間違いないようです。

葬儀の式場を選ぶと言うのは会社を選ぶということ

葬儀会館は葬儀を行う会社が運営しているのが大体です。つまり、葬儀会社が持つ葬儀会館でのみ葬儀を行うということです。

たまに葬儀会社同士の貸し借りをするケースもありますが、それは稀です。なので葬儀の式場を選ぶということは、葬儀会社を選ぶことになるのです。会館の中が綺麗だったり、宿泊施設がしっかり整えられている所を選びたいですが、その分、費用も多くかかります。

葬儀会社との見積もりの相談をして、トラブルのないように話を進めていきましょう。担当者の人間性を見て判断するのも方法の一つです。

ちなみに公営式場というのがありますが、公共施設ですので時期によっては混みあっていてすぐに葬儀を行うことができないことがあります。

葬儀社の選び方で大切なことに、費用の事があります。それぞれの家族には経済的な事情があり、丁寧で厳かな葬儀がしたくてもできない時もあります。そのような時にも、態度などを変えずに、家族の思いを察してくれるような気持ちを込めた対応をしてくれる葬儀社をお勧めします。たとえ規模が小さな葬儀であっても、故人に対しての感謝を込めた式にして、親戚や知り合いの人達から、良いお別れができたと言ってもらえるようにしましょう。


 

Calendar