葬儀前に確認しておきたいこと

葬儀前に確認しておきたいこと

葬儀前に確認しておきたいこと~故人の口座は必ず確認しよう~

葬儀前には色々な手続きが必要となりますが、知らないと思わぬ事態を招いてしまう事もあります。

葬儀社の選び方はよく考えることをお勧めします。しっかりと相談して決定しましょう。


最近では大抵の方が病院や施設でお亡くなりになりなりますが、長い入院生活をされていた故人は、自宅へ戻られることなく亡くなる方も多く、しかも突然亡くなった方の場合は通帳がどこにあるのかも判らない事もあるかと思います。
ここで注意しておきたい事は、葬儀前に死亡届を提出した後では、故人の口座からお金や年金を受け取れない、口座が凍結されてしまうという事です。
葬儀費用を故人のお金でまかないたいなら、死亡届を出す前に引き出しておくなどの手続きをしておく必要があります。口座が凍結される要因は、遺産相続前に分配されることを防ぐ意味もありますが、家計用の口座なら一大事。凍結口座からお金を引き出すことはできますが、手続が必要となり、葬儀前のバタバタの中では多少めんどくさい事にもなりますので、葬儀前に他に口座が無いか再確認することをオススメします。

急な葬儀に包む香典が無く困りました

急な葬儀が月のうちにいくつか重なってしまった時がありました。
その時私は遊び事で出費が激しい月だったので、現金が無かったのです、親類の葬儀もありましたから参加しないわけにもいきませんし、香典を用意しないわけにもいきません、冠婚葬祭の中でも葬儀というのは急なものですから事前準備が難しいものなのです。
葬儀で香典のお金を捻出するのが本当に難しくてクレジットカードで支払えないかと思ったのですが、流石に無理な事は解っています、そこで、その日のうちに現金引き出しが出来るキャッシングの申込みをするために消費者金融に行きました。
すると消費者金融では初回申込み借り入れの時だけは、期間限定で無利息で借り入れ可能なサービスがあったので、それを利用させてもらって香典を作りました。
後日給料が入ってからすぐに返済に行きましたが、葬儀参列時の香典は準備が大変な時があります。

大事な人が亡くなってしまった時に、執り行う葬儀ですが、病院に紹介されたまま、業者を決めてしまう方も多いかと思います。 この様な葬儀社は、価格的に高かったりするケースもあるので、しっかりとした葬儀社の選び方を考える必要があります。 まず、自分なりにどの様な葬儀を行いたいのか、しっかりと熟慮しましょう。 その上で、葬儀社に相談することが重要です。価格が安くなっても嫌な顔をせず対応してくれる業者は間違いと思われるので、お勧めします。 とにかく、しっかりと情報収集を行い、自分の意思で業者を決めることが重要です。


Calendar