葬儀会社の担当者を要チェック

葬儀会社の担当者を要チェック

葬儀会社を選ぶポイントはいくつかあります。そしてそのポイントは全て、葬儀を行う担当者にあたります。

葬儀社の選び方:親切な対応のところをお勧めします。事前に相談や見積もりをしましょう。


まず基本ですが、こちら側の質問にしっかり答えてくれるかどうかです。うやむやな返事を取られた時は葬儀会社を選び直しましょう。

そして見積もりの際に、明確に書かれた見積書を提示してくれるかどうかもあります。

追加料金を取る葬儀会社もあるので、見積もりをハッキリせずに葬儀を行ってしまうと後々嫌な思いをしてしまうことにもなります。

見積書に書かれたこの費用はどれにあたるのか、セット料金の各単価について説明をしてくれるなど、葬儀後の請求額との差が少ない見積もりが行える担当者のいる会社が優良といえます。

担当者の対応次第で葬儀会社を選ぶかどうかが決まる事を覚えておいてください。

葬儀をしない時には直葬というものが選択できます

葬儀についてですが、法律で必ずしなければいけないと決められているものではありません。
実際に、葬儀というものは行わなくても良いものです。ですので、積極的に葬儀について考えていないという場合には、葬儀をしないという事も可能であると頭に入れておきましょう。ただ、葬儀をしない場合には、直葬というものを選ぶことが一般的です。直葬というものですが、具体的な考え方としまして火葬のみとなります。
葬儀場で簡易的なお別れのようなことはできますので、完全に葬儀をしないという事にはならないかもしれませんが、基本的に無宗教のような方が選択される機会が多いわけです。また、火葬時に僧侶の方を呼ぶことも実際に行えます。

そしてお経をあげていただくこともできますので実際には簡易的な葬儀とも言えます。

良い葬儀社の選び方は対応が丁寧で、葬儀の費用などについて詳しく説明してくれるところ探すことです。事業所への訪問を歓迎してくれるところをお勧めします。最初から考えを押し付けたりせずに、話をよく聞いてくれるところを探しましょう。また細かい見積書を作ってくれて、決断を急がせないところを選びたいものです。担当者の人柄も良く見て、知識や品格があるかどうかということもポイントになります。最近は葬祭ディレクターという資格もあるので、そのような資格をもっている人がいるかどうかも一つの大事なポイントになります。


Calendar